公開セミナー「等級制度で理解する人事評価制度の本質」開催いたしました

弊社主催の公開セミナー「等級制度で理解する人事評価制度の本質」を開催させていただきました。

平康氏セミナー

「7日で作る 新・人事考課」「うっかり一生年収300万円の会社に入ってしまった君へ」などの著書で知られる平康慶浩氏を講師に迎え、日本の企業が戦後どのような経緯で年功的な運用となる職能等級制度を取り入れていったのか、また、職能等級制度を脱却し職務等級制度を目指すことにより、企業はどのようなメリット・デメリットを持つことになるのかを、わかりやすく解説していただきました。

年功序列な賃金制度がダメで、成果主義型の賃金制度を取り入れるべきと、一意的に解説するのではなく、自社の棚卸をしてからどのような改革や変化が求められているのかを考えていただきましたので、自社に必要な制度設計が何なのか理解していただくことができたと思います。

当日は自社の等級制度の見直しを考えている企業の人事責任者などにご参加いただき、また、セミナー後は質問も飛び交い、参加者のみなさんにとって有意義なセミナーとなりました。

平康氏セミナー

参加者の声(一部):
・等級制度の具体的な改革例を挙げて解説していただいたので、自社にはどのような等級制度がふさわしいのか、明確なイメージがわいた。
・非常に分かりやすい解説で賃金制度の仕組みを知ることが出来た。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote