セミナー情報: 海外で成果を出す人材になる3つのツボ

セミナー名 海外で成果を出す人材になる3つのツボ
開催日 平成26年9月9日(火) 14:00~16:00
カテゴリー ビジネススキル, 一般職向け, 人事担当者向け
対象 「グローバルで活躍したいビジネスパーソン」
「海外勤務や出張を予定されている方々」
会場 CIVI北梅田研修センター5階
ねらい

「海外に進出しているが海外の業績が上がらない」「グローバルに活躍できる人材の選抜が分からない」といった課題を抱えておられる会社は多いのではないでしょうか。

海外で日本と同じ対人関係スタイルでは成果に繋がりません。相手を尊重すると同時に世界標準で自己PR、会社PRをすることが大事です。

本セミナーでは、海外滞在が豊富で1万以上の企業担当者の質問に答えてきた講師が皆さんの疑問にお答えします。

金額 4,980円(税込・著書付)
プログラム

(1)実は悲惨な海外進出企業の現状
 ・「日本人駐在員はいらない」という厳しい声
 ・出張でせっかく現地に行っても食事は日本人とだけ
 ・現地に溶け込めないので営業できず、数字に繋がらない

(2)成果を出す人材になるための3つのツボ
 ・徹底的に入り込もうとするマインド
 ・個性と知性と専門性
 ・日本を客観視してジャパンプレミアムを売る

(3)社内の組織人材の体制のあり方
 ・採用を変える
 ・幹部自ら汗を流す
 ・英語と外国語能力の強化法

参加者には山中俊之氏の著書「日本人の9割は正しい自己紹介を知らない――世界標準の仕事プロトコールの教科書」を進呈いたします!

講師

山中講師
山中俊之――株式会社グローバルダイナミクス代表取締役

1968年兵庫県生まれ。東京大学法学部卒業後、90年に外務省入省。
エジプト、イギリス、サウジアラビアに赴任。首相通訳、国連総会を経験する。外務省退職後、日本総研を経て2010年に独立、現職に。日本企業、外資系企業のリーダーシップ、マネジメント、グローバル理解の研修の他、複数の企業・団体顧問として人材開発、グローバル化を支援。これまでに約70か国訪問、120カ国以上の人々と交流し、100団体以上の改革に関わり、3万人以上の研修を担当。開発学修士、MBA、国際公共政策博士。
著書に、『公務員の人材流動化がこの国を劇的に変える』(東洋経済新報社)など。

パンフ ダウンロード
このセミナーに申し込む カード決済の場合はこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote