採用効率化(含む採用業務受託サービス)

採用活動は、一定期間に業務が集中し、煩雑な作業があるため、膨大な時間とマンパワーを必要とします。
採用効率化(アウトソーシング)を活用することの目的は、人事本来の業務である面接、給与計算、研修、人事異動、人事査定、昇格降格、自己啓発促進、服務規律管理、労組交渉といった、コア業務へシフトして頂くことです。
また、単純にマンパワーの外注をして頂くだけでなく、採用戦略や具体的な企画内容を踏まえたうえで、採用業務の運営全てをお手伝いすることが可能です。

多くの採用アウトソーシング会社で見られる、短期的な採用人数の確保を目的としたサービスではなく、経営層と人件費の観点から人員計画の策定や、育成や定着を重視した採用戦略の策定をサポートするなど、まさに経営コンサルティング会社だからこそできるワンストップサービスが、弊社の特徴です。

←BACK

コメントは受け付けていません。