運転資金適正化診断

昨今、キャッシュフロー経営が叫ばれていますが、経営者をはじめとして、融資を判断する銀行までも、意外にもキャッシュフローを軽視しているケースが少なくありません。それは、中小企業の財務諸表が貸借対照表(BS)と損益計算書(PL)を中心としているため、一手間加えてキャッシュフロー計算書を作成しない限り、即座にキャッシュの動きが目に見えないためです。
経営者にとって一番大切な、キャッシュの動きを目に見えるようにすることが、中小企業では最も重要な経営要素の一つです。キャッシュの動きを押さえられなかった結果、「勘定合って銭足りず」という黒字倒産の企業が現実に増えています。

株式会社グローディアでは、財務諸表からキャッシュフロー計算書を作成して資金の動きを追うことはもちろん、在庫や買掛債務の支払いサイトや売掛債権の回収サイト、在庫の動きなどから、適正な資金需要を見積もり、運転資金の効率化・適正化をはかるお手伝いをいたします。

←BACK

コメントは受け付けていません。