配置活用(キャリアデザイン設計)

キャリアは組織の要請と個人の志向のすり合わせが出来てはじめて充実します。つまり、組織(上司)の期待として「彼(彼女)を5年先、10年先にどう育てるか」という点と、個人が「現在の組織の中で、この先どのようなポジションについてどんな仕事がしたいのか」という希望を上手くすり合わせ、組織が与える教育と自己啓発がうまくかみ合うことが最も効果的なキャリア形成の道と言えます。
株式会社グローディアでは、これらのニーズにこたえるキャリアデザイン設計を提案しています。
経営幹部や主要管理ポストを想定し、そのポジションにつくにはどのようなスキル、知識、経験が必要なのかを、組織ごとに定義し、そのために必要なローテーション、OFF-JTなどをのデザインします。
これにより、場当たり的な指導を排除し、長期ビジョンをもとにした、地に足のついた人材育成体制を整えることが出来る上、人材育成投資の費用対効果を最大にする事が期待できます。

←BACK

コメントは受け付けていません。