配属カウンセリング

a>新入社員は喜びと不安を同時に抱えて入社してきます。彼らの最初の、かつ最大の関心事は“どの部署に配属されるか”ということです。
しかし、つい最近まで学生だった新入社員の多くは、職場や職種に対する十分な理解がない上、自己の適性や興味領域について十分な理解がありません。
そこで、配属決定前にカウンセリングを実施して、自分が働くうえでどういうことにウエイトを置いているのか、どのような領域に関心があるのか、得意なことは何なのかなどを入念に振り返り、配属の参考とします。
また、配属後、3か月、半年、1年といった節目でカウンセリングを実施して、職場の状況の確認、悩み事、職種への適応状況などを確認します。
これらのカウンセリングは定着率を向上させるだけでなく、3年程度先を見据えたスキルアップ計画や組織内のキャリア形成に関する理解を促進します。

コメントは受け付けていません。