BCP(事業継続計画)策定

BCP(Business Continuity Plan)とは、災害・テロ・感染症(インフルエンザ等)の流行等の危機が起こった時に、従業員の安全確保や二次災害の防止といった初期対応だけでなく、重要な事業を継続し、または可能な限り短い時間で復旧させるための行動計画をあらかじめ策定しておくことをいいます。

弊社ではBCP策定に向け、以下のメニューによる支援を実施しております。

・BCP基本方針の策定、推進体制の構築
・業務内容・立地状況、生産設備・製造風呂フローを考慮したボトルネックの洗い出し
・ビジネスインパクト分析・業務プロセス分析
・リスク分析・被害想定
・事業継続戦略と対策検討・非常時対応計画
・BCM策定
・リスクファイナンス
・情報セキュリティ、マネジメントシステム構築

これらのBCPは、単に自社の被災を最小限にする災害対策ではなく、平時にサプライチェーン視点からお客様に取引条件として要求されるケースや投資家からリスクマネジメントが出来ている企業か判断する基準としてBCPの説明責任を求められるケースも増えてきており、重要度や優先度が上がってきているマネジメントテーマとなっています。

←BACK

コメントは受け付けていません。